プロフィール

interhorie

Author:interhorie
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レベルの違い・・・

前回の続きなんですが、クラブチームの体験に行ったときのことですが、やはりセレクションなどで入ってきた子達ばかりなので、そこそこ上手な選手がいるんだろうな、なんて軽い気持ちで見学に行き、1つ上の学年と紅白戦を見ていると、レベルが全然違う!
まず技術、そして一学年しか変わらないのにサッカーをやっている!
なにより驚いたのが、礼儀と後輩に対する思いやりの気持ち!!

この行動を見て、「このクラブチームに入れよう」と思いました。

しかし、幼稚園を卒園したばっかりの子供達のサッカーはサッカーとも呼べず、球蹴り程度のお遊びだったみたいで、かなりガッカリしました。
ただ、ひたすらドリブル練習をした甲斐も有り、上級生にもドリブルは通用していたところもあって、少しはホッとしました。

この練習の後、自分で息子に対する練習内容の見直し、工夫、そしてもっとサッカーに夢中になる意識付けなど、専属コーチにでもなったかのように考えました。
この衝撃的な体験を通して一番変わったのは、息子でもなく父親の自分だったと思います。

とにかく、得意のドリブルに関しては、左右のどちらの足でもコントロールできる練習。シュートやパスなどのキックの精度を高める練習。トラップに関しても、足元に止めるトラップ、自分のドリブルする方向に向かってのトラップなど、状況に応じてトラップする練習。など、それが良いことなのかどうか疑問に思いつつも、子供よりも親が一生懸命になってやっていました。
スポンサーサイト

息子との初練習

息子が歩けるようになっての初練習、というよりボールを使った遊びだったのですが、サッカーバカの自分にとっては自分の息子とボールを使って遊べるのが楽しくて、子供より夢中になって遊んでいました。

ですが、小さいうちにボールに沢山触ってとにかく技術力を付けないといけない!というのが持論としてあるので、とにかく基本のボールを止める、蹴る、運ぶという練習を徹底的にやった覚えがあります。

やはり、2才かそこらの幼児ですので、ボールを蹴るといっても力もなくボールを転がすといった程度だったのですが、足の甲にしっかりとボールを当てる、といったことや、体の中心にボールを置いてドリブルするといった簡単ですが、基本となる練習ばかりしていました。

その結果、サッカースクールに幼稚園のときに入ったのですが、スクール内の大会で息子の活躍でチームが準優勝したり、ドリブル競争ではダントツの1位になったりと、親ながらに「コイツはいいとこまで行くんじゃないか!」と思わず勘違いしてしまうほどでした。

まぁ、それも本当に勘違いで終わってしまうのですが・・・。

それというのも、小学校に入学する前にクラブチームでの体験で思い知らされました。

試合結果(親父)

昨日は子供達のサッカーもなく、自分のサッカーに行ってきました。
自分の所属しているリーグでトーナメントがあったので、クソ暑い中プレイしたのですが、なんと2試合もやらされて倒れてしまいそうでした。

トーナメントなので、1試合目に勝ったらもう1試合ということで試合前は張り切っていたのですが、ピッチの上に立った瞬間にあまりの暑さと湿度に気分も萎えてしまいました。

ですが、自分がFWをやらさせてもらい、1点目も自分の利き足の”頭”で決め、気分もよくなり、最終的には5対0で勝利しました。

ただ、この1試合目のダメージが激しく2試合目はまったく動けず、自分的にはボロボロでした。
30才を過ぎてから体力が消耗が激しく、1日に2試合なんてありえないくらいで、しかも、炎天下の中で・・・。

まぁ、それでもなんとか1年に1回あるかないかのスーパーダイビングヘッドで点を決めれたのは良かったのですが、チームは2対3で惜しくも負けてしまいました。

なんにせよ、体力のなさが響いたと思うので、子供達の夏休みの間に一緒に練習しながら、親子のコミュニケーションを取って行こうと決めました。

リフティング編(娘)

先日は息子のリフティングのことについて書きましたが、今回は不器用な娘のことを書いていきます。

正直、娘の不器用さには本気で参りました。
何がかというと、本当に飲み込みが悪く、息子のように10回どころか5回の壁も越えられず何ヶ月も過ぎていきました。

娘は息子のように、モノで釣られるタイプではないので、息子のように「出来たら~してあげるよー」なんてコトバは通用しません。
ですが、こういう状況になって娘のいいところを発見することができました。

それは、負けん気の強さと、根気です。

ある時期から、お兄ちゃんに負けまいとひたすら練習、練習!
学校から帰ってきたら練習。休みの日も朝起きたら練習と、暇な時間があれば練習をしていました。

その甲斐あって、一気にリフティングの回数も増え、一時期はお兄ちゃんの最高回数も越えたこともありました。
今では、1000回以上出来るようになりましたが・・・

息子と娘のリフティングが上達していく過程を見てきて思ったのですが、やる気になった子供の上達するスピードがハンパなく早い!!
サッカーに限らず、子供の神経回路が伸びる時期(”ゴールデンエイジ”、”プレゴールデンエイジ”)があるのは知っていたのですが、こんなに一気に伸びるとは、ビックリしました。

一生懸命がんばる子供達を見てきて、何をするに対しても、子供にやる気を持たせ、自主的に取り組むように仕向ける、というのが”親のテーマ”だと実感しました。

リフティング編(息子)

サッカーの基本技術の中で、小さい頃から習得しておいたほうがいいリフティングがあり、これは、練習したらその分だけ上手になるのですが、リフティングを息子に教えるのにものすごく苦労した記憶があります。

まず、ボールを正確に蹴ることを覚えさせ、2回蹴ったら手で取る、出来たら3回、4回と増やしていくのですが、10回の壁がなかなか越えられずに泣きながら練習することもありました。

「コツを教えてくれ」ともいわれましたが、コツといわれても、足首を固めて、足の甲でボールの中心を蹴ってそれをひたすら練習する、としか教えれず息子も相当ヘコんでいましたが、現金なもので、「10回以上出来たらゲームのソフトを買ってやる」と言うと、あさっりと10回の壁を越えることができました。

その後も、回数の壁にぶち当たるたびに、「できたら、ゲームする時間を少し増やしてもいい」、「できたら、カードを買ってやる」など物につられて壁を越えていく息子を見るたびに「コイツの将来はかなりやばい。どこかで自ら壁を越えれるようにならないと先はないな。」とものすごーく心配になりました。

今でこそ、リフティングも1000回以上出来たり、リフティングしながらボールをクルクル足の辺りでまわしたり、胸でボールを止めたりするトリックといわれるものをやったりしていますが、まだまだ甘ったれているので、今後は物などで甘やかさないようにビシビシと鍛えていってやろうと心に決めています!

はじめまして

今日からブログをはじめました。
宜しくお願いします。

このブログでは、自分と息子と娘のサッカーについて書いていきます。特に、サッカーを通して、子供達が成長していく様子を書いていければいいかなぁ、と思っています。

まず、子供達と、自分の紹介をします。

息子(11才 小学5年生)
サッカー暦:歩き始めた頃からボールを蹴っています。本格的には、幼稚園の年長から。今は、地域のクラブチームに所属。
ポジション:一応、フォワード
性格:自由、適当、ビビり、やさしい
特徴:誰とでもすぐ仲良くなれる、飲み込みが早い

娘(10才 小学4年生)
サッカー暦:おにいちゃんに影響され、小学一年生からサッカーを始める。おにいちゃんと同じクラブチームに所属。
ポジション:センターバックかフォワード
性格:細かい、頑固、強気の割に恥ずかしがり、男
特徴:フィジカル強し、とても不器用、足は速い

親父(34才)
サッカー暦:小学校4年生から始めるが、小中高と部活をサボりまくりで、今では下手の横好き。だが、サッカーチームとフットサルチームを複数かけもちでやっているサッカーバカ。
ポジション:センターバックかフォワード(基本的にあまり動かないポジション)
性格:熱い、キレやすい、めんどくさがり、子供と遊ぶのが好き
特徴:ヘディングが大好物、トラップでかい、ドリブルでかい、シュートはふかす

こんなサッカー家族ですが、今後とも宜しくお願いします。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。